【カスタム情報】ショートストローク加工

Date:2016/10/30 | Category:カスタム情報
先日、触っただけで撃てる様にしてほしいとのお言葉を頂きました。
シューティングの際、引き金を数ミリ引いただけで撃てるショートストローク加工の話かと思われます。

答えは、「出来ます!」

ショートストローク加工について少しご紹介させていただきます。
ネットではメカボックスに穴を開けて芋ネジにてトリガーのストロークを調節する加工等が載っておりますが、かなり加工が難しいです。
が、トリガー部品を、このようにすれば簡単に加工ができます。
ショートストローク加工

(1)の、スイッチを押す側の表面をヤスリで均して、瞬間接着剤で1mmのプラ版を貼り付けます。

(2)の場所にもプラ版を貼り付けます。

そうしますと、この様に1~2mmの引きで作動します。




(1)の場所だけ、(2)の場所だけ、(1)(2)両方などは、皆様のお好みでお選び下さいね。
フューチャートリガーと相性ばっちりのショートストローク加工!是非お楽しみください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【公式サイト】組み込んだ電動ガンの発射動画も公開中です!
http://www.futureofairsoft.com

スマートフォンから設定できる電子トリガー基板は世界初です(当社調べ)。
あなたの電動ガンが生まれ変わります!
どうぞ皆様、是非お手に取っていただけましたら幸いです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




同じカテゴリー(カスタム情報)の記事画像
マルイ製ハイサイクル電動ガンM4パトリオットへのフューチャートリガーの組み込み
G3系への組み込み(2) セレクタープレート削った後の幅の数値
G3系への組み込み(1) 加工例
同じカテゴリー(カスタム情報)の記事
 マルイ製ハイサイクル電動ガンM4パトリオットへのフューチャートリガーの組み込み (2017-03-08 08:42)
 G3系への組み込み(2) セレクタープレート削った後の幅の数値 (2016-10-20 17:31)
 G3系への組み込み(1) 加工例 (2016-10-19 17:17)